メニュー

これまでの伝統を刷新する新たな教育モデル。
その学びを支える実践的な講師陣が集結。

ユニット講師

それぞれの分野の先端で実践に携わる
実務家・研究者を招いた「ユニットプログラム」講師陣。

UNIT-1 自己探求
全ての表現手法のベースと位置付けられる、ストーリーを描く力の基礎を養うユニット。ジャーナリスト育成のプログラムを踏襲し、「取材し、書く」実践形式を導入。

ジャーナリスト、法政大学 准教授藤代 裕之

藤代裕之

PROFILE

広島大学卒。徳島新聞社で記者として、司法・警察、地方自治などを取材。NTTレゾナントで新サービス立ち上げや研究開発支援担当を経て、法政大学社会学部メディア社会学科准教授。教育、研究活動を行う傍らジャーナリスト活動を行う。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)代表運営委員。

UNIT-2 和装
着物の歴史や基礎学習はもちろん、表現のベースとなる好き嫌いや得意不得意を把握し、自身のカラーを俯瞰で捉えることに重点を置いたユニット。

着物スタイリスト大竹 恵理子

大竹恵理子

PROFILE

長沼静きもの学院卒業後、着物屋くるりで7年間スタイリング・着付けを担当。3年前に独立し、フリーランスの着物スタイリスト・着付師として広告やCM、雑誌を中心に活動中。

UNIT -3 編集・文化デザイン
アイデアや概念をどう伝えるか、という観点から、様々なメディア表現を組合わせ、高い美的水準と効果的な情報伝達を両立する技術を学ぶ

(株) うなぎの寝床代表白水 高広

白水高広

PROFILE

UNIT -4 ものづくり
「ユーザーに選ばれるデザイン」とは何か。顧客の課題や欲望を起点とし、商品発想と創造を繰り返し、広くものづくりの素地を養うプログラム。

デジタルファブリケーション協会 代表理事梅澤 陽明

梅澤陽明

PROFILE

1984年生まれ。ファブラボ神田錦町チーフディレクター。建設機械メーカー設計部の経験から、3Dモデリングを活用したエンジニアリングを専門とする。数あるデジタルツールの中でも、特に3Dプリンターをメインとして活動している。

UNIT -5 マテリアル
表現を行う上で欠かせない、幅広いマテリアルの知識を、実制作を通じて身につける。

文具王高畑 正幸

高畑正幸

PROFILE

1974年香川県丸亀市生まれ、図画工作と理科が得意な小学生を30年続け今に至る。テレビ東京の人気番組「TVチャンピオン」全国文房具通選手権に出場、1999年、2001年、2005年に行われた文房具通選手権に3連続で優勝し「文具王」の座につく。文具メーカーサンスター文具にて10年間の商品企画を経て、マーケティング部に所属。2012年にサンスター文具を退社後、同社とプロ契約を結ぶ。きだてたく、他故壁氏と共に、文房具のトークユニット「ブング・ジャム」を結成。各種文具イベントを行う。

UNIT -6 ビジネスデザイン
グローバルに大きなマーケットを獲得するビジネスを、どのように構想し、実現していくのか。実践形式を通じて、必要な知識と態度を養う。

(株) ビオトープ代表佐宗 邦威

佐宗邦威

PROFILE

イリノイ工科大学Institute of design修士課程修了。P&Gマーケティング部入社。ヒット商品ファブリーズ、柔軟剤のレノアを担当後、P&Gとジレットの企業合併のさなか男性用髭剃りブランドジレットのブランドマネージャーを務め、世界初5枚刃のFusionの発売を手がける。2008年10月ソニーに入社。クリエイティブセンターにて商品開発プロセス変革プロジェクトやグローバルカスタマーインサイト部門の立ち上げ、グローバルエスノグラフィープロジェクトの全社導入を行う。
2012年8月よりイリノイ工科大学に入学。卒業後、グローバルトレンドリサーチや、人間中心デザインの方法論を活用した新規事業のインキュベーションを担当。米デザインスクールの留学記ブログ「D school留学記~デザインとビジネスの交差点」著者。

UNIT -7 国際表現
「書く力」を養うユニットの応用編。英文ならではの表現になじむことで、グローバルな個人活動の基礎力を養成する。

ライター、翻訳家的野 裕子

的野裕子

PROFILE

UNIT -8 空間デザイン
人間が五感を伴って活動する空間を、幅広い知識と感受性を活かしながら生み出す手法を、実戦形式で学ぶ。

建築家、一般財団法人 マザー・アーキテクチュア代表理事遠藤 幹子

遠藤幹子

PROFILE

UNIT -9 プロジェクトデザイン
これまでのユニット学習を通じて積み重ねてきた知識と技術、経験を活かし、以降の個人プロジェクトにつながるアイデアの創出とその可視化に挑戦する。

(株) リ・パブリック共同代表田村 大

田村大

PROFILE

実技講師

最上級の手織り技術をもつ博多織業界を代表する重鎮が
技能継承のために直接指導します。

小川 規三郎
伝統的工芸品「献上博多織」の手機の技法を活かし、創作献上を昔ながらの織り方でものづくりを続ける。糸染めから製織まで博多織の全行程を一貫した手作業で実施している功績により、織物業界では数少ない「人間国宝」に認定。

list_12

PROFILE

昭和11年生まれ。家業、小川博多織工場見習。父善三郎没後、家業小川博多織工場継承。 昭和59年博多織伝統工芸士認定。平成14年博多織伝統工芸士会会長に就任。平成15年黄綬褒章を受章。翌年には、重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。平成21年旭日小綬章、受章。博多織DCの学長を務める。

渡邊 福夫
16歳の時から博多織の業務に携わり、以来半世紀以上に渡り手織り一筋に励む。博多織の伝統技術・技法を継承する伝統工芸士として、永年その技術・技法の研鑽に努めてきた。繊細で緻密な作品には定評がある。博多織DCの専任教授として後進の指導育成に励む。

list_13

PROFILE

昭和27年内田織物に入社、博多織の手織の製織及び意匠デザインの修業を積む。昭和50年紋八寸なごや帯で福岡通産局長賞を受賞。昭和63年福岡通産局長賞を再受賞。平成2年博多織伝統工芸士(意匠部門)認定。平成11年博多織伝統工芸士(製織部門)認定。平成14年伝統的工芸品産業功労者表彰にて経済産業大臣より表彰をを受ける。平成18年NPO法人博多織デベロップメントカレッジ選任教授任。平成20年 秋の叙勲で「瑞宝単光章」を受賞。